インプラントができないのはどういうときですか?

a)インプラントが適応できないケース
顎の骨の成長が終わっていない場合、チタンのアレルギー、診療等の約束がまもれない場合などです。

b)インプラント治療に制限があるケース
妊娠、歯周病、顎の骨量・骨質不足、骨粗鬆症、重度の全身疾患がある時にはインプラントができない場合があります。