2000以上のインプラント実績|嶋野歯科インプラントセンター - 茨城、栃木、群馬、埼玉、東京

インプラント事例・悩み別対策

kyati.gif

骨が薄い場合の対策

インプラント事例・悩み別対策  

当院では骨が薄い方でも見た目も美しく治療ができます。

「骨が薄いのでインプラントはムリです」と言われ諦めかけていませんか?

骨が薄い患者様も手術は可能です。
歯を支える骨を増やす方法によって治療を可能にします。

また、骨を補填することにより下がってしまった歯茎が元に戻り健康的で美しく治療ができます。


骨の厚みが不足している場合の対策

厚みが不足している場合、主にボーングラフト(骨移植)とGBR法(骨再生誘導法)とがあります。
骨移植で高さを補う場合は、主に奥歯(臼歯部)の部分でのみ行います。

ボーングラフト(骨移植)とは?
歯周病などで、骨が失われた部位に人工骨や、自分の骨を移植し、骨の再生を図る治療のことです。
人工骨には主にリン酸カルシウム系の材料が使われていますが、治療の成功率は自分の骨に劣ります。自分の骨は、主に腸骨や顎角などから採取し、歯槽骨の吸収が見られる部位に、移植骨のブロックを設置し、動かないようスクリューで固定します。

GBR法(骨再生誘導法)とは?

骨の厚さが不足していると、インプラントを埋入しても骨から露出してしまいます。 (歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。 ) 歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を覆います。 メンブレンには吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合(作る骨の量が少ない場合)は吸収性のもの、 骨欠損の大きい場合(作る骨の量が多い場合)は非吸収性のものを使うことになります。

個人差がありますが、4~6ヶ月で歯槽骨が再生されインプラントの安定性が確保されます。 非吸収性のメンブレンを使用した場合は後で取り出さなければなりません。


上顎の骨の厚みが不足している場合の対策

サイナスリフトは、歯槽骨が5ミリ以下の症例でも十分対応可能です。
歯槽骨の厚みがある場合は、サイナスリフトとインプラント埋入を同時に行いますが(一回法)、著しく歯槽骨が吸収されているケースではまずサイナスリフトを行い、骨が安定するまで4~6ヶ月ほど治癒期間を置きます。
その後でインプラントを埋入します。(二回法)

サイナスリフトとは?

「上顎洞底拳上術」ともいうこの技術は、上顎の骨の再生手術です。上顎の奥歯を失うと、サイナスと呼ばれる上顎骨の空洞が拡大します。上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行しインプラントをするには十分な骨がなくなってしまう場合が少なくありません。そこでインプラントを入れるための骨が不足している所に、上顎洞の底部を押し上げ、そこに自分の骨や骨補填材を入れることによって不足した骨を補う治療方法です。


骨の高さが不足している場合の対策

骨の高さが不足している場合、ディストラクションを用いる場合とGBR法の二通りがあります。
又、GBR法のオペはインプラントと同時に行う方法とインプラントの前に行う方法とがあります。
当院では患者様の骨の高さによって最適な方法を選択させていただきます。

GBR法とは?

骨の厚さが不足していると、インプラントを埋入しても骨から露出してしまいます。 (歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。 ) 歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を覆います。 メンブレンには吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合(作る骨の量が少ない場合)は吸収性のもの、 骨欠損の大きい場合(作る骨の量が多い場合)は非吸収性のものを使うことになります。

個人差がありますが、4~6ヶ月で歯槽骨が再生されインプラントの安定性が確保されます。
非吸収性のメンブレンを使用した場合は後で取り出さなければなりません。

歯槽骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための高さが不足している場合は垂直方向へ稼動するインプラント体を歯槽骨内に埋入し、 徐々に全長を伸ばし必要な高さを確保します。


骨幅が不足している場合の対策

スプリットクレストに適応なのは、3mm 程度の骨幅があることと、海綿骨が残っていることです。

スプリットクレストとは?
歯槽骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための骨幅が不足している場合に 行う治療方法です。骨頂から器具を入れ、二分割して若木骨折させ、骨を広げてスペースを作ります。
この時、骨補填材とメンブレンを使用する場合もあります。
スプリットクレストに適応なのは、3mm 程度の骨幅があることと、海綿骨が残っていることです。