国産インプラントと海外インプラントの違い

最近は国産インプラントもかなり増えてきました。

国産品のインプラントの表面性状もかなりいいものがでてきています。

しかし海外有名ブランド、ノーベルバイオケアやストローマンといったインプラントメーカーと比べて大きな差を感じることがあります。

それはそれぞれのインプラント治療にもちいる部品の精度です。

Made in japanのチタン工作機械は高精度といわれていますがことインプラントパーツに関しては国産品は明らかに精度が低く感じます。

型どりようパーツからアバットメントパーツにいたるまでどの国産メーカーをとっても精度が低いと思います。

技工士泣かせのメーカーもあります。

精度が低いとインプラント自体に異常な応力が加わったりネジの破折がおこったりと悪いことばかりです。

ですからこれからの製品の質の向上を期待しています。